教えて!出産のお返しおすすめギフト


Home > 出産のお返しについて > 出産祝いを送った相手から赤ちゃん誕生を喜ぶメッセージ付きのお返し

出産祝いを送った相手から赤ちゃん誕生を喜ぶメッセージ付きのお返し

 10年位前から総人口が減少し始めて、当分、減少し続けると見られています。
そこで、政府では人口減少に歯止めをかける施策を講じていますが、少子化により子供を産む女性が減り続け、更に、合計特殊出生率も低いまま推移しています。
今後とも人口減少が続くと見られているだけに自分の周りで出産する友人、知人がいると本人の知り合いだけでなく、親の知り合いからもお祝いの届く時代になっています。
出産するか、否かは結婚したカップルの意思なので、周囲の人々が口をはさむ余地は殆どありません。
それだけに出産した途端に付き合いの少ない知人から出産祝いが届くとは人口減少の続く社会で依然として止められない事態を何とかしたいと皆が期待している表われといえます。
赤ちゃん誕生のお祝いとしては身の回り品やおもちゃが定番として多いのは当然ですが、もらった当人は自分の出産を気にしていてくれた気持ちが嬉しいはずです。

 逆に自分がお返しする番になるとお返しの相手には老若男女あり、趣味、趣向が様々なのでお返し品選びが簡単ではありません。
画一的に同じ品物をお返しにしては上手くないはずです。
また、出産祝いをもらった当人はお祝い返しが余り遅くなっては失礼になってしまうと考えるわけです。
そこで、便利なカタログギフトをお返しにして簡単に済まそうとする風潮があることも確かです。
カタログギフトなら出産祝いにもらったお祝いの値定めをして半返しをすれば相場として無難だと言われているからです。
しかも、カタギグギフトであればお祝いとそのお返しがお互いにウイン~ウインで収まるはずですから問題があるわけでありません。
しかしながら、出産した当人の中には子供を持った喜びや感謝の気持ちをお礼したいと考えて贈り物を選びたい人もいます。

 その場合、ウェブサイトにはお返しの品物リストを掲載したサイトが多数あるので、品定めに活用したいものです。
また、お返しにはお礼状やメッセージを付けて出産の喜びを伝えることも流行っています。
赤ちゃんの写真や体重、名前等を付けくわえてあると受け取った方も微笑ましく感じられて、“若いママさん、頑張れ”と伝えたくなってしまうほどうれしくなるものです。
こんな時には出産祝いをあげた人が高齢者だとあげて良かったとつくづく感じて、逆に元気なエネルギーをもらった気分になるものです。
今の社会では出産し、子供を育てて社会へ送り出すまでに経済的な負担が大きいので、結婚してもなかなか、子供を一人でも多く生みたい心境にならないことが言えます。
そこで、せめて、出産したら周囲の人が身の回りの世話を焼いたり、精神的な支援をしてあげられる環境を用意してあげられると良いようです。

カテゴリー

ページトップへ