教えて!出産のお返しおすすめギフト


Home > 出産のお返しについて > 出産祝いのお返しの相場はどれくらいかを確認する

出産祝いのお返しの相場はどれくらいかを確認する

 子供を出産すると知り合いから出産祝いをいただきますいただきっぱなしでは相手に失礼です。
この場合、内祝いとしてお返しをします。
内祝いに何を贈ればいいのかを相場などから見て検討していきます。
ここでネックになるのが相手からいただいた金額になります。
出産祝いの場合は大半は現金です。
何故、現金が多いのかといえばほかの人の出産祝いでもらったモノとかぶらないからです。
例えば、紙おむつを出産祝いでもらうと購入する手間が省けて助かります。
だからといって、沢山の人から同じように紙おむつを貰ったら余ってしまいます。
出産祝いが現金の場合ならそのお金で好きなモノが購入できます。
なので、出産祝いに現金が多いのはそういった理由があるからです。
だからといって、内祝いも現金で贈るわけにはいきません。

 そこで再び、いただいた出産祝いの金額に戻ります。
内祝いの相場ではいただいた金額が上回っては相手に失礼です。
だからといって、安すぎるのも気になるところです。
相場ではいただいた金額の半分か三分の二程度になります。
中には親戚から高額すぎるお祝いをいただいた場合は3分の1程度など、少なめのお返しでも問題はなさそうです。
何故なら、内祝いはお返しの意味ではないからです。
なので、内祝いのメッセージカードにもお返しという言葉を使いません。
いただいた品に対する感想やお礼を書きそえるのなら問題ありません。
内祝いにつけたのしには誕生した子供の名を記入します。
双子の場合は二人分、記入することになります。
のしに名前を記入することは誕生した子供の名前のお披露目の意味を持っているからです。

 ちなみに名前にはふりがなをふっておきましょう。
内祝いを贈るのにはタイミングがあります。
お宮参りが終わった生後1ヵ月過ぎをめどに贈れば何も問題はありません。
近隣の人や行き来のよくある人なら相手宅に持っていくだけですみます。
遠方なら郵便や宅配でも失礼にはあたりません。
確かに育児で忙しくて手配ができないといっても通信販売などを利用すれば手配も簡単です。
金額に応じてお祝い返しの品も違ってきます。
以前は食べ物やタオルなどがよく選ばれていました。
最近ではさらにハイブランド、ハイクオリティーな物にも人気があります。
とにかく、贈るなら相手に喜ばれるモノを選びましょう。
どんなものを贈るか迷っているならカタログギフトなどを贈って相手に選んでもらうのも一つの手段になるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ