教えて!出産のお返しおすすめギフト


Home > 出産のお返しについて > 出産祝いのお返しのギフトの選び方

出産祝いのお返しのギフトの選び方

 待望のお子様を出産した人は、兄弟姉妹や親戚の人、友人、知人などの多くの人から、出産祝いのご祝儀を頂いている人がほとんどです。
出産内祝いは本来はお返しという意味ではなく、新しい家族が誕生をした喜びを伝えて、感謝の気持ちを伝えるための物です。
出産祝いのご祝儀やギフトを頂いた人は、感謝の気持ちを伝えるために、内祝いギフトを贈るのが基本的なマナーです。
親族から高額なお祝いを頂くこともありますが、受け取った金額よりもお返しが上回ってはいけません。
受け取った金額の3分の1か、半額ぐらいの商品を贈ることが大事です。
内祝いギフトで人気が高いのは、フェイスタオルやバスタオルなどの日用品や、日持ちのするお菓子などがお勧めです。
実用的ですぐに使ってもらえる商品は、幅広い年代の人に喜んでもらえます。

 出産の内祝いギフトを贈る時期を知っておく必要がありますが、お宮参りを行う生後一か月ぐらいがお勧めです。
内祝いギフトと一緒にお子様の命名を添えたり、近況を伝えることも大事です。
友人や知人が近くで生活をしている場合は、自宅に訪問をしてお礼を伝えるのが礼儀ですが、遠方で生活をしている場合は、内祝いギフトを郵送で送っても問題はありません。
遠方で生活をしている人には、感謝の気持ちを伝えるために電話を掛けておきましょう。
現代は実用的な商品が喜ばれるため、お子様の体重と同じ重量のお米などの食品や、お子様の写真や名前を入れた日本酒やワインなども、お酒の好きな人には喜んでもらえます。
人気のブランドの食器類なども、お洒落なデザインの商品が多いため、受け取った人が喜んでくれます。

 親しい間柄の場合は、好みの商品がわかりやすいですが、相手の好みがよくわからない場合は、どんな商品を選んだらよいか迷っている人が少なくありません。
人気のデパートや百貨店、スーパーマーケットの商品券などもお勧めですが、相手の人に好きな商品を選んでもらいたい場合は、カタログギフトがお勧めです。
カタログギフトは専門店がカタログを発送してくれるため、相手の人が自分の好きな商品を選ぶことが出来るなどのメリットがあります。
キッチン雑貨やバッグ、アクセサリー類、食品、お菓子などの豊富な商品が揃っているため、口コミで評価の高い専門店を利用すると高品質で上質な商品が揃っています。
カタログギフトは、出産内祝いにはお勧めしたいです。
お子様を出産した後は、お子様の世話で忙しくなりますが、早めに内祝いギフトの手配をしておきましょう。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ