教えて!出産のお返しおすすめギフト


Home > 出産のお返しについて > 出産祝いのお返しに関するマナーについて

出産祝いのお返しに関するマナーについて

 産後のお母さんはいろいろとすることが一杯で大忙しといえます。
とりわけ、初回の出産ではありとあらゆるものがはじめての経験で困ってしまうことも多いことでしょう。
大勢の人から貰った出産祝いは有難かったけど、お返しはどうしたらいいのかわからない人は少なくありません。
出産内祝いの礼儀作法がわからないというお母さんは多いはずです。
出産祝いをもらった人にお返しという形で贈呈する内祝いですが、産んだあとは時間のゆとりがなくなるからと、妊娠している間に準備しておくお母さんも少なくありません。
しかしながら現実にチョイスするとなると、一体どういった物が喜ばれるかなどの悩みがつきものです。
絞りきれずに時間のみが流れていくということにも陥りやすいといえます。
ですから、しっかりと理解することが大切です。

 子供の誕生をお祝いしてくれた人たちに対する出産内祝いに関しては、できる限り失礼がないように、相手方に喜んで貰えるものをお返ししたいと考えることでしょう。
こういったことは、マナーが重要になります。
どんな物を送るかを選択する前に、まず第一に出産内祝いの原理原則をしっかり頭に入れておきましょう。
お返しするケースでの時期は月内が最適といわれています。
出産の直後は何かしらと忙しくしていて、内祝いまで回らないのが現実の姿です。
その一方で親戚や勤め先の上司や同僚など大事な人たちへの挨拶の礼儀作法として、産後1月内、お宮参りを済ませたあとに送るのが通例です。
産後間もないタイミングに時間の余裕のないことを踏まえて、妊娠している間に先だって態勢を整えておくとスムーズでしょう。

 金額の相場に関しては、貰った出産祝いのおおよそ2分の1が目安になります。
スタンダードな基準は、頂いた物の半額程度、そして高額の場合は、1/3くらいにすると賢明でしょう。
それとは反対に、出産祝いでもらったものより高い価格のものを贈るのはマナー違反と言われています。
お母さんの中には、額面にこだわりすぎてミスを犯したという人もいますので、注意することが重要になります。
そして、あらためていうまでもなく、アイテムを選択する際は、相手サイドに対しての感謝の気持ちを念頭に置いて、役立つものを選ぶことが大事です。
また、数字もしくは中身にも配慮を忘れずにしましょう。
お祝いごとに関しては。
4や9など、マイナスな印象を与える数は厳禁とされています。
さらに割れ易い鏡や刃物なども回避した方が手堅いです。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ