健康管理とメディカルアロマ

健康管理では、それぞれの体質に合う健康管理の方法を見つけるということが重要になりますが、アロマを利用した健康管理も方法のひとつです。アロマ関係でも癒しという面のアロマと医療の面のメディカルアロマがあります。それぞれ、アロマの目指す方法が違っていますが、両方とも健康には効果的な方法でもあります。とくに、メディカルアロマの場合には、西洋の漢方のような進歩の仕方をしてきた分野で、歴史的には10世紀ごろから見られるということですので、1000年以上の歴史があるということでも、それ以前からあったからこそ、記録にも残っているということが予想できます。本来メディカルアロマが主流であったということになります。日本では、医療よりも癒しということで利用されていますが、これからは、医療関係でも使われるようになるようです。

メディカルアロマとアロマセラピー

アロマは、日本でも癒しということで、ストレス解消の方法ということで有名になっていますし、資格を取ってアロマセラピストになるという人たちも増えています。メディカルアロマの分野にも進んでいきたいという人たちもいます。日本の場合には、医療関係でのアロマセラピストは、まだまだ少ないということですが、高齢者に優しい医療ということでは、これから発展していくのではないかとも考えられます。アロマでは、医療のほかに、スキンケアやリラックスを目的としたアロマもあります。これはイギリス式の方法だそうですが、日本の主流は、こちらの方になるようです。アロマの入り方でも、こちらの方は、簡単に入ることができるので、そのあたりから初心者は入ると良いかもしれません。その後、メディカルアロマの方向にも進むこともできますので、勉強をしながら深めていくということになります。

施術と資格とメディカルアロマ

アロマでは、日本の場合には、色々なお店があり、アロマ用品の販売から施術をしている場合、医療関係の国際的な資格がある場合など様々ですが、それぞれの段階での仕事があります。最初の段階は、自分の癒しということでアロマを活用する段階です。これは楽しんだりするということがいちばんですが、その次の段階は、自分だけではなく、他者にも勧めたり施術をしたりするという段階で、プロを目指して学校で学ぶという段階です。その場合でも、施術をする場合としない場合があり、商品を勧めるということが最初の段階です。その後はトリートメントなどを実践する段階で、アロマセラピストと言われる人たちです。決まった基準があるわけではないのですが、アロマ専門の学校で学び卒業するという段階です。その次に来るのがメディカルアロマを専門に行う人たちで、国家資格などを取り実践します。