メディカルアロマセラピーをやっている医療機関

メディカルアロマは香りを使って、心身に現れている不調や不快な症状を治すために各医療現場で使用されるようになってきました。香りを吸い込むことで、精神を落ち着かせてくれるので、心療内科や産婦人科で患者さんのメンタルをケアする目的で用いられることが多いのですが、それ以外の現場にも広がっています。例えば手術の前は患者さんはたとえ命にかかわるような病気ではなくても、緊張感と不安で胸がいっぱいになりますが、そんな場合も手術前にメディカルアロマのオイルを使って、緊張感をほぐして恐怖心を和らげることができます。また、更年期障害は深刻な人は日常生活や職場での人間関係や仕事の能率にも影響が出てしまいますが、これにもアロマを使うことで症状を軽快させることができます。更年期障害の治療にはホルモン療法がよく用いられますが、これを好まない人にはメディカルアロマは新しい選択肢として注目されています。

メディカルアロマは老若男女の健康を助けてくれる

メディカルアロマを、医療機関の中でも比較的早い段階で採用し始めたのは産婦人科です。お産という命がけの仕事をしなくてはならない女性は心身ともにケアを必要としていますし、産後の回復期も同様です。出産前は安産になるように精油を使ってリラックスさせたり、痛みをやわらげてくれます。産後には、肉体やメンタルの回復を促進するためにトリートメントをやってくれます。今では産婦人科以外にもメディカルアロマの普及は拡大しており、精油を使った薬を肌に塗ったり、鼻から吸い込ませて、アレルギーの治療を行うクリニックも出てきました。神経痛を抑えるために使うこともありますし、いずれも身体に優しい植物由来の材料で作られてる精油が用いられているので、患者さんも安心できることが特徴です。眼科でも、手術の時に全身麻酔をしない場合のメンタルケアに使う場合があります。

メディカルアロマの効能について

アロマテラピーには2種類の用いられ方があります。ひとつは、ハーブなどの香りにによってリラックス効果を得る「アロマセラピー」、もうひとつは精油の効能を用いて体の体調を整える「メディカルアロマテラピー」です。最近では、人の体の自然治癒力を高めることが期待できるメディカルアロマテラピーが、医療の現場でも注目を集めるようになりました。アロマはもともと西洋や東洋で、病気を治すために古くから使われてきました。そして、植物の精油をアロマに活かして治療をするようになったのは、科学者の偶然の発見からだといわれています。それ以降、植物の精油を用いたメディカルアロマテラピー治療が世界に広まるようになりました。日本国内でアロマを治療に用いる動きが見られたのは1990年代頃からです。それ以来専門の協会や団体も設立されるようになりました。