医療現場で注目されているメディカルアロマ

メディカルアロマとは、植物から抽出された精油を利用し、人の体に生まれながらに備わっている自然治癒力を高める療法であり、近年、医療現場などで注目されています。発祥はフランスであり、1930年頃体系化されました。日本には1990年代に広がるようになりました。フランスやベルギーでは医療として認められているのに対し、日本では医療ではなく、代替医療として利用されています。一般的によく耳にする、アロマテラピーとの違いは、内容は同じものですが、アロマテラピーはイギリスのものであり、フランスのメディカルアロマとは異なり、医療として考えられておらず、リラクゼーションとして考えられています。日本には、最初にイギリスのアロマテラピーが入ってきた為、今でもアロマテラピーが主流であり、医療というよりリラクゼーション目的として考えられていることが多いのが現状です。しかし、ストレス社会で、心のストレスから病気が発症することが増えてきているので、ストレスを緩和し、病気を予防する為に、メディカルアロマの医療現場での需要が高まってきています。

身体を労る、メディカルアロマ

身体の機能が正常に働かない場合、さまざまなヶ所が不調を訴えます。それらを穏やかに緩和することで、だんだんに健康に近づいて来ます。メディカルアロマは、症状に適した精油を使用して、身体を健やかにすることが出来ます。精油には、心地よい香りだけでは無く、精神や自律神経、呼吸器や皮膚に対して、さまざまな効能があります。精油の種類によって、効果は異なりますが、これらを上手くブレンドすることで、直接、疾患を治すことにも役立ちます。メディカルアロマを学べば、医療にも役立たせることが出来ます。一般の生活に応用し健やかにしたり、疾患を患っている家族の手助けにもなります。アロマオイルの香りによって、アレルギーや怪我、呼吸器の疾患を穏やかに治癒する手助けが可能になりますから、積極的に日常に取り入れると良いでしょう。

意外に歴史が古いメディカルアロマ

最近、メディカルアロマというワードの注目度が上昇中ですけれども、これは日本にも多くの愛好家がいる「アロマテラピー」の中のカテゴリーの一つで、医療の現場で実践される施術として、アトピーなどの皮膚のトラブルや不眠症、うつ病などの精神疾患症状の改善効果が、期待出来ると言われています。それらの改善効果を得る為に、人が本来持っている自然治癒力というポイントに対し、メディカルアロマによって働きかけをする訳ですけれども、日本で医療の現場に取り入れられだしたのは、1990年代と言う事でまだ歴史は浅いのですが、実はその歴史は非常に古く、最初にアロマオイルを医療に用いたのは、10世紀頃と言われています。専門のアロマスクールで学び、医療の現場で活かそうという目的で、メディカルアロマの資格取得を目指している方の数は伸びています